Sony デジタル Noise Cancelling Headset ヘッドフォン (MDR-NC31EM) - Black 並行輸入品

MDR-EX31BNのイヤホンケーブルの長さを延長したい

安くて性能のいいノイズキャンセリングイヤホン、「Sony MDR-EX31BN」がコスパ抜群で愛用しています。

でもリモコンとイヤホンのケーブルが短すぎて使いにくいというのが唯一の難点。
本当はリモコンをズボンのポケットに入れたいと思いました。

MDR-EX31BNに対応した延長ケーブルって売ってないのでしょうか?

解決法は、イヤホンケーブルの長さが長い「MDR-NC31EM」を使用すること

有線ノイズキャンセリングイヤホンの「MDR-NC31EM」を、MDR-EX31BNのリモコンに刺すことで無線化ができます。

MDR-EX31BN付属のイヤホンの短さを解決する方法

MDR-EX31BNは、実用的なワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンが1万円以下で購入できるとあって、ユーザーが多いです。
なにを隠そう、わたしもその一人です。

<MDR-EX31BNの記事はこちら>

ただMDR-EX31BNにも欠点がありまして、イヤホンのケーブルが短い(左右へのY字分岐からプラグまで約40cm)ので、リモコン部分を胸元にクリップで留める必要があるのです。

まあジャケットであったり、胸ポケットのあるシャツを着ている場合は問題ないのですが、Tシャツなんかだと留めるところがなくて困ります。

調べてみると実際同じように悩んでいる方も多いようで、解決方法としては2つあります。
1つはノイズキャンセル対応のイヤホン延長ケーブルを購入する方法、もう1つが対応している有線ノイズキャンセリングイヤホンを購入する方法です。

悩んだ結果、私は後者を選択しました。

延長ケーブル(ノイズキャンセリング専用延長コード)の問題点

ノイズキャンセリングイヤホン用の延長ケーブルは、特殊な5極端子となっており、一般的な3極イヤホン端子の延長ケーブルは使えません。

唯一、ウォークマン用のノイキャンイヤホンMDR-NWNC33に付属の50cm延長ケーブル(2367円)を取り寄せる方法があります。

しかし、取り寄せになると待たされた上、再度店舗に取りに行かなければなりません。また、値引きも期待できません。

アマゾンに在庫があればそれで対応することもできますが、黒は既に欠品しており白色のみ在庫があります。

MDR-EX31BNのイヤホンを長くするのに「MDR-NC31EM」をおすすめする理由

自分の場合、ケーブルの長い有線ノイズキャンセルイヤホンである「MDR-NC31EM」を購入しました。

こちらは、ノイズキャンセルに対応したウォークマンやXperiaスマホに刺して使用するものですが、実際のところMDR-EX31BN付属のイヤホンのケーブルが長くなったものです。
MDR-EX31BN付属のイヤホンのケーブルは左右のイヤホンからプラグまで約40cmしかありませんでしたが、こちらは約95cmあります。

MDR-NC31EMならばアマゾンで安く手に入りますし、ケーブルの長さもズボンのポケットに入れて使うのにちょうどいいです。

音質も以前と同様問題ありませんでした。

というわけで、意外とあっさり解決しました。^ ^

アマゾンの口コミを見ると「MDR-NWNC33」を使っている人もいます。
付属イヤホンと同等の「MDR-NC31EM」より音質がいいという話もありますが、値段も高くなりますのでお好みでどうぞ。